ニュース・ブログ NEWS・BLOG

塗装室の新設工事を行っています【着工中】

 

 

毎年、設備の有効活用を図るべく

レイアウトの変更や設備配置の見直しなどを行っています。

 

今年もマシニングの移設などを行っているほか

現在、塗装室の新設工事に着工しております。

 

 

ゼンの塗装サービスは、熟練の職人による完成度の高い技術

メタリック塗装・シボ塗装・パール塗装・キャンディ塗装など様々な塗装が可能です。

 

 

 

弊社、玄関に置いてあるバイクや電動スクーターも塗装職人の手によるものです。

 

 

 

この度、こちらの塗装サービスのより一層のサービス拡充を図るため

新たに塗装室を設けることになりました。

 

今回は、現在【着工中】の塗装室の新設工事をお知らせします。

 

 

 

 

 塗装ブース設置

 

 

塗装作業は、スプレーガンを使い塗料を吹き付け塗装をしていきますが

この塗装時に噴出される塗料のミストには溶剤等も含まれます。

 

また、仕上げ作業などで粉じんも発生するため、

環境問題や労働環境に考慮が必要です。

 

これらを解決するために塗装室には、

塗料ミストや粉じんを拡散防止塗料ミストと空気を分離する

塗装ブースという設備が必要になります。

 

まずは、この塗装ブースの設置作業から開始しました。

設置業者の方が手際よく組み上げていきます。

 

 

 

組み立て済みのものを搬入するものだと思っていましたが

バラバラの状態から組み立てていくのだと今回初めて知りました。

 

こちらのフィルターで溶剤の吸着や粉じんを除去して

奇麗にした空気を排出する仕組みです。

(左側のダンボールの棒のようなものもフィルターです)

 

 

続いて排気や吸気を行うダクトの取り付け工事。

排気ダクトは天井に穴を空けて屋根に設置。煙突のようになりました。

 

 

 

この巨大な排気ダクトが取り付けられて塗装ブースは完成です!!

 

 

 

 

  壁の設置

 

工場内にはホコリや粉じんも舞っており、

塗装中にこのホコリなどが付着すると塗装の手間も増え品質も悪くなります。

 

このホコリなどが入らないよう塗装ブースを壁で囲い部屋を作っていきます。

 

こちらも工事業者の方が手際よく組み立てていきます。

軽量鉄骨の骨組みに板材が貼られて2日程度で部屋が完成。

 

 

 

 

壁の設置が終わり、これで塗装室は完成です。

 

 

 

 

 稼働に向けて準備

 

現在は、稼働に向けて塗装作業に必要な残りの設備を準備中です。

今回は着工中の塗装室の新設工事をお知らせいたしました。

 

 

 

弊社では、製作した部品や既製品に配色やデザイン確認の塗装を施すサービス行っております。

 

 

 

 

塗装サービスや表面処理について詳しくはこちらをご参照ください。

ご一読いただきありがとうございました。

 

 

 


この記事をご覧の方は、こちらの記事も読んでいます。