光造形 HIKARI ZOKEI

光造形とは?SERVICE NO GAIYO

エポキシ樹脂にレーザーを照射し、
一層づつ硬化させ積み重ね形を作っていく工法です。
    
「短納期で形状確認がしたい」という場合には、光造形はおススメの加工方法です。
形状やデザインの確認、真空注型のマスターとしてご依頼いただくことが多い工法です。

光造形は、積層という特性上、アンダー部などを加味する必要がなく一体での製作が可能です。
また、形状を支えるサポート材が付くことが特徴です(お渡しの際にはサポート材を除去します)。

光造形の事例KAKO NO JIREI

車椅子(1/3に縮小し造形)

形状や外観の確認で光造形で一体製作。
材料:TSR-821

空気清浄機カバーのマスター

注型品を製作する上で必要な「マスター」としても利用出来ます。

マスターを加工時間の比較的短い光造形で製作することによって、
製品お渡しまでの納期短縮につながります。

光造形の特徴KAKOU NO TOKUCHO

特徴1 一体加工で製作可能

光造形は、一層一層重ねて造形していくため、切削だと分割対応になってしまう、アンダー形状や難加工部にも同時に3Dプリントしてしまいます。

特徴2 熱、衝撃に弱いことへの対策

強い光を浴びると色が変色、形状がだれてしまう・落下などの衝撃で破損し易いデリケートな材質というのも特徴です。ですが最近では、靭性の強いPPライクのエポキシ材も有ります。

特徴3 外観や形状確認に最適

試作品の外観や形状を確認したい場合、切削加工に比べて工期が短くなことが多いので最適です。

素材の対応表

※下記の素材以外にも対応が可能です。お気軽にご相談ください。

素材名 略号
エポキシ樹脂(高靱性タイプ) SCR712X
エポキシ樹脂(ABSタイプ) TSR-821
エポキシ樹脂(PPタイプ) TSR-829

光造形の精度KAKO NO SEIDO

サイズや大きさによりますが、おおよそ±0.1~0.3程です。形状や寸法によって変化します。

光造形の方法・作業の流れSAGYO NO NAGARE

その1 3DCADデータをSTLデータに変換

光造形用に、STLデータ(体積を持ったデータ)に変換します

その2 サポート材をどこにつけるか検討

サポート材をどこにつけるか検討します。造形中に製品が崩れてしまうのを防ぐ為です。
形状によって積層の向き、サポートをつけ易い箇所など千差万別のため、検討を要する工程です。

その3 層ごとのデータに分割

専用のソフトで、一層一層ごとのデータに分割を行います

その4 造形開始→終了

紫外線レーザーを照射し、一層一層積層していきます。

その5 造形後に残ったサポート材を取り除いて出荷

洗浄を行い、サポート材を除去して完成です

光造形のQ&AQESTION & ANSWER

  1. 液体が入るため積層の隙間に注意して造形してもらえますか?
  2. やはり1層1層重ねるためどうしても隙間は発生してしまいます。液体がはいるのであれば真空注型等の他加工方法がオス・・・
  1. 光造形はちょっと弄っただけで破損するイメージがありますがどうでしょうか?
  2. 簡単に破損してしまう材料もありますが、SCR712X(高靱性タイプ)やAccura Bluestone(高耐熱・・・