3Dモデリング 3D - MODELING

3Dモデリングとは?SERVICE NO GAIYO

図面や2Dデータから3Dデータを作成します。リバースエンジニアリングやデータ変換のみも対応します。

モノづくりの上流工程である企画・設計段階から試作部品の製作時などに必要にはる3Dデータ(CADやCGなど)を制作します。
図面ではイメージしにくい形状も、3次元データであれば容易に回転などができ形状確認や勘合・干渉チェックも容易に行うことができます。

「試作部品の製作をしたいが3DCADが無くて依頼できない」など3Dデータが必要な加工の場合でもモデリングから対応も可能です。当社なら図面などが無くても手書きスケッチからモデリングすることも可能です。

モデリング作業は、主にSOLIDWORKS・Creo Elements/Direct・Space-Eを使用して行います。制作したCADデータは、ご希望の形式に変換してお渡しします。

また、既製品や手加工で製作された品物を3Dスキャナーでスキャン(リバースエンジニアリング)し、3Dデータ化することも出来ます。

3D CADをお持ちではないお客様でも3DPDF(AcrobatReaderで表示できます)やeDrawings Viewer等のビューアソフトをご使用頂き、弊社が製作したデータをお手元のパソコンでご確認して頂くことも可能です。

3Dモデリングの特徴KAKOU NO TOKUCHO

特徴1 手書きのスケッチ、ポンチ絵などでも製作可能

こんな部品、治具がほしいけど、図面を起こすことができない、または時間がないといった場合でも構想や簡単な絵のみでもモデリングが可能です。

特徴2 現物のみでも製作可能

現物からスキャンや測定を行い、図面がない場合もモデリングが可能です。

特徴3 3Dデータで形状確認が容易

図面のみではわかりにくい形状も、3Dデータなら立体的に可視化可能です。

3Dモデリングの設備KAKO NO SETSUBI

3DCAD

3次元のモデルは基本的に各種の3DCADを用いて制作します。3DCADで2D図面から3Dモデルの制作はもちろん可能ですが、3Dモデルを2D図面に変換することも可能です。

・SOLIDWORKS
・Creo Elements/Direct
・CATIA V5
・Space-E  など

CADトランスレータ

3Dデータをご希望の形式に変換したり、お客様の所有されている3Dデータを当社で取り扱えるようにするための、CADの相互変換ツールです。

3Dスキャナー

既存の製品や部品から3Dモデルを制作(リバースエンジニアリング)するツールです。3Dスキャナーで対象物の表面を読み取り点群データ(物体を点の集まりで表現したもの)を制作します。

スキャン後にはノイズや抜けなどがあり、そのままでは使用できないため、抜けの保管や編集ができる専用の編集ソフトで作業します。