樹脂切削加工 JUSHI SESSAKU

樹脂切削加工とは?SERVICE NO GAIYO

樹脂(プラスチック)の棒材や板材を削って形状を作り出す加工方法です。

ゼンの代表的な加工方法になります。
樹脂切削加工の特徴は何と言っても加工精度の良さ。また、豊富な材料種から、量産時に限りなく近い材料を使用できるというのもメリットです。

マシニングセンタをはじめとし、複合旋盤・彫刻機などを使用。3次元加工、多面加工の他にもギヤ、磨き透明加工品、大型形状加工にも対応しております。
弊社は国内5拠点と海外工場に設備保有しており、超特急対応や低価格対応にも日々力を入れています。

樹脂切削加工の事例KAKO NO JIREI

事務機トナーカセット

弊社試作の歴史は、事務機部品の試作から始まりました。
樹脂切削の得意分野である、高精度加工によって大変高評価を頂いています。

また、複雑形状・大物部品も,部品の機能を損なわぬように配慮し、
プラモデルの様に分割し最終的に貼り合せて対応いたします。

ホイール+タイヤ

ゴム材料の切削加工も対応可能です。

周囲の黒タイヤとホイールの切削です。組みつけての使用。
材質:ホイール(ABS)
タイヤ(ゴム硬度70度)

  • 実際にファンを回転させて使用する事も可能です。
    ABS-N

  • 発泡材への切削も可能です。
    材質:発泡ポリエチレン

  • 切削した後に仕上げを行うことで透明度を出すことが可能です。
    材質:PC-N(透明)

  • ホブ盤と呼ばれる専用の工具で製作致します。
    2段ギア等さまざまな種類の実績があります。

樹脂切削加工の特徴KAKOU NO TOKUCHO

特徴1 高精度加工が魅力

なんといっても一番の特徴は加工精度の高さ。その高さは真空注型・3Dプリンタなど他の加工方法に比べ、はるかに高いものになります。

特徴2 より多くの材質で試作が出来る

材料の種類が豊富な樹脂切削加工。製品に限りなく近い材料をお選び頂けます。
耐熱試験や強度試験などの使用条件をもとに、適した材質のご提案をいたします。ゴムの切削にも対応しております。

特徴3 充実した設備数により短納期対応を実現

樹脂切削加工の設備は、全国全ての拠点に完備しています。
生産工場と営業所がそれぞれセットで一箇所にまとまることで、お客様への短納期対応等のサポートを実現しております。

樹脂切削加工の素材・条件SOZAI TO JOKEN

樹脂切削加工では、多くの材料種で対応することが可能です。
ABS等の汎用樹脂、PC、POM、66ナイロン、PBT等のエンジニアリングプラスチック、PEEKやPTFE等のスーパーエンジニアリングプラスチックまで幅広く対応しております。

また、ガラス入りなど特殊な樹脂に関しましても、今までの実績とノウハウを活かし
安定した製品をお届けいたします。

素材の対応表

※下記の素材以外にも対応が可能です。お気軽にご相談ください。

素材名 略号
ABS ABS
ポリカ-ボネート(ガラス入りも可) PC(PC-GF)
アクリル PMMA
ポリアセタール POM
ポリエチレン PP
ナイロン PA
ポリブチレンテレフタレート PBT
ポリエーテルエーテルケトン PEEK

樹脂切削加工はここがすごい!KOKO GA SUGOI

  • 高精度
  • 大きなサイズにも対応
  • 豊富な材料種
  • 熟練の職人による丁寧な仕上げ
  • 既存部品への追加工も特急対応

樹脂切削加工の精度KAKO NO SEIDO

形状、材質にもよりますが、1/100mmの公差保証、OA機器メーカーの試作実績から、微細形状の対応も可能です。
弊社の試作業創立のきっかけとなった樹脂切削。まさに樹脂切削と歩んできたといっても過言ではありません。そのノウハウや知識を十二分に活用し対応いたします。

樹脂切削加工の設備KAKO NO SETSUBI

マシニングセンタ

国内の5工場、および国外2工場にすべてマシニングセンタを導入。
弊社の最も得意とする加工であり、形状に合わせ最適な刃物を選択し、NC制御による自動加工を行います。
また、こういった高精度の部品が製作できるのも、熟練したオペレータがいてこその物です。

NC旋盤

棒状の部品を加工する際に使用する設備です。
マシニングセンタ同様、NC制御での加工により高精度加工を実現しています。

樹脂切削加工の方法・作業の流れSAGYO NO NAGARE

その1 製作方法の検討、モデリング、NCデータ作成

お客様からお預かりしたデータをもとに製作方法の検討を行います。
CADソフトにてデータを読み込み、刃物の動き、分割箇所等、最適な加工方法を検討します。
また、3Dデータが無い場合は、弊社でモデリングを行います。

その2 材料の用意

製作する部品の大きさに応じて、適切なサイズの材料を用意します。

その3 マシニングセンタの加工準備

マシニングセンタに材料をセットし、位置決め・刃物(エンドミル)の設定を行い加工します。

その4 加工

プログラミングされた情報をもとにマシニングセンタ、旋盤等 最も最適な加工方法で削り出していきます。
加工中に刃物(エンドミル)の摩耗・破損・部品のカケ・ビビリが発生していない事を確認しながら進めていきます。

その5 超音波洗浄機等で洗浄

部品に付着している汚れを、超音波の振動によってきれいにおとします。
他にも、お客様の仕様によって、最適な方法で洗浄を行うことが可能です。

その6 仕上げ(バリ取り、ブラスト仕上げ等)

バリ取り、ブラスト仕上げの他、部品の溶着やアクリル板の重合接着等、職人技に支えられています。

樹脂切削加工のQ&AQESTION & ANSWER

  1. まずは1個だけ試作したいんだけど・・・
  2. 1個からの試作、もちろん可能です!  希望の数量に合わせて様々な加工方法もご提案しております。
  1. 樹脂切削ってどのくらいの工期で製作可能ですか?
  2. 形状によっても差はありますが、早いもので数日~1週間程でお渡し可能です。 超特急案件にも対応致しますので、まず・・・
  1. 樹脂切削ってどのような場合におすすめですか?
  2. 樹脂切削は他の加工種に比べて扱っている材料の種類が多いです。その為、実際の使用条件下での試作に向いています。ま・・・

関連加工技術KANREN GIJUTSU