真空注型 SHINKU CHUKEI

真空注型とは?SERVICE NO GAIYO

真空注型とはゴム型を使った加工方法です。
中ロットの部品の製作に向いています。 
    
元となる製品をマスターとしシリコンで型取りを行い、出来上がったシリコン型にウレタン樹脂等を流し込み、元の複製品を作り出します。
1つのシリコン型から15~20個程の複製品の製作が可能です。よって製作台数の多い試作時に、大幅なコスト削減が可能です。

ゼンでは、長年培ってきた型の製作方法により業界屈指の精度を持った注型部品の製作が可能です。透明注型品や着色透明注型品等の透明部品も得意としております。

真空注型の事例KAKO NO JIREI

印刷機用トレー

印刷機用トレー

大型の注型も可能です。

注型だと中々精度が出にくい寸法も、コマ等を使用してノウハウを駆使し精度を上げます。

透明注型部品

透明度のある注型部品も製作可能です。
また、色を着色しての半透明注型も対応いたします。

  • 透明注型。シリコン型から取り出す前。

  • 透明注型の事例。

  • 着色注型。シリコン型から取り出す前。

  • 同じ型から複製品が製造可能。

  • 軟質注型の事例。

真空注型の特徴KAKOU NO TOKUCHO

特徴1 目的に応じた材料選びが可能

軟質系・耐熱系・透明系・着色系・シボ等の表面処理の注型品に幅広く対応致します。
ウレタン樹脂 ABSタイプ PPタイプ PMMAタイプ ゴムタイプ

特徴2 複雑な形状での実績

インサート注型やテンキーの様な超極薄製品も対応し納期・コストと共にお客様のニーズにお答えします。

特徴3 注型製品への2次加工も可能

注型製品への塗装+レーザーエッチング・シルク印刷等の処理が可能です。

真空注型はここがすごい!KOKO GA SUGOI

  • 短納期対応
  • ご希望の色に調色可能
  • 中量時の安価製作
  • アンダー形状も可能
  • 一体加工による強度確保

真空注型の精度KAKO NO SEIDO

やわらかい材質であるシリコンを用いていることもあり、寸法にたいして0.3%程度のズレが生じる可能性がございます。

カバー、ケースなどの案件が多く、勘合確認をしてお納めいたします。

真空注型の方法・作業の流れSAGYO NO NAGARE

その1 マスターへの仕上げ

サフェーサー、ペーパー等で、マスター(樹脂切削加工・光造形等で製作)の分割ライン、積層などを綺麗に仕上げます。

お客様から支給して頂いた部品や、成形品をマスターにして製作することも可能です。

その2 ゴム型作り-1_マスターへのパーティング作業

ゴム型分割方法の検討、反り、アンダー部の処理
等を踏まえて、型を製作するためにマスターにパーティングを行います。

その3 ゴム型作り-2_マスターセッティング

型枠を製作しマスターをセットします。

その4 ゴム型作り-3_型枠へのシリコン流し込み

シリコンゴムの撹拌と真空引きにより気泡排除し。
型枠への流し込みと脱泡作業を行います。

その5 型割と注型作業

ゴム型割り後、ウレタン樹脂の流し込みます。

その6 型から製品を取り出す

ウレタン樹脂を流し込み、製品として硬化した後ゴム型から取り出します。

その7 製品仕上げ

材料を流し込む際に出来たゲート部、バリ、穴径、ボス径の確認と仕上げなどを行います。
そして、ブラスト・脱脂処理を行い出荷します。

真空注型のQ&AQESTION & ANSWER

  1. 何個くらい作れる?
  2. 形状や大きさなどにもよりますが、15個~20個くらいが目安です。数量が多くなるほどお得です。
  1. 注型のマスターとして、今もっている物を使えますか?
  2. お客様から部品をお預かりしての注型も可能です。 マスターを作る必要が無い為、納期短縮、コストダウンにつながりま・・・